プロペシアを飲むと髪の毛が抜けるって本当?初期脱毛ってなに?

みなさんは「プロペシア」というお薬をご存知ですか?これはAGA治療薬で、ハゲの特効薬なのですが、飲むと逆に髪の毛が抜けるといったことが起こります。

「ハゲを治したいのに、抜けるのでは意味が無い」
「結局ハゲは治らないのではないか」

そのように思う方も多いことでしょう。そこで当記事では、プロペシアの効果や副作用について、詳しくお伝えしたいと思います。

プロペシアってそもそもどんな薬なの?

プロペシアとは

男性ホルモンが原因のハゲを治します

男性ホルモンはハゲの原因となります。男性ホルモンが5α‐還元酵素によって脱毛物質ジヒドロテストステロンに変換され、その濃度が高くなると、AGAという脱毛症を発現してしまうわけです。プロペシアは、この変換の過程を阻害して、ハゲを治します。

AGA患者の毛は、死んでしまったわけではないのです。毛が生え育っていく「成長期(ヘアサイクルの一期間)」が極端に短くなっているだけで、よく見るとハゲている部分にもちょろちょろと産毛が見られることが多いです。

プロペシアは、脱毛物質によって乱されたヘアサイクルをもとに戻し、成長期を長くします。そうすると、充分に育たたないまま成長期を終え抜けてしまっていた髪の毛たちが、ぐんぐんと育つようになり、ハゲが目立たなくなるというわけです。

女性は使うことができません

ちなみに、プロペシアは女性が使うことはできません。女性がプロペシアを飲んだり、触ったりすると、重大な健康被害が発生する恐れがありますので、注意してください。

女性にはパントガールという女性用の薄毛治療薬がありますので、ハゲを治したいという方はそちらをご使用ください。薄毛治療専門クリニックに行けば処方してもらえるはずです。

プロペシアを飲むと髪の毛が抜けるのはなぜ?

ヘアサイクルをもとに戻す過程で抜けます

プロペシアを飲むと、ヘアサイクルが正常化されます。その過程で、ヘアサイクルのうちの「休止期」にある髪の毛が抜けてしまうことがほとんどであり、このことを「初期脱毛」と言います。

休止期とは、簡単に言えば髪の毛が抜ける期間のことです。新しく生えてきた髪の毛が、古いのを押し出すようにして、古い髪の毛が次々と抜けていきます。

髪の毛のヘアサイクルにはばらつきがあるため、休止期に入っても他の多くの髪の毛が残り、薄毛が目立つようなことにはなりません。

さて、初期脱毛についてですが、なぜこれが起こるのかはっきりしたことは未だ不明なものの、抜ける髪の毛は休止期にあるものだけで、それはしばらくすると抜けるはずだったものなのですから、あまり気にする必要はありません。

放っておいても抜けるはずだった髪の毛が抜けるだけですから、プロペシアを飲むことにより発生する初期脱毛は、それほど怖いものではないのです。

いっときは薄毛が急速に進行したように思われますが、薬を飲み続ければ次第に髪の毛が生えてきますので、ご安心ください。

効果が出るまでには数ヶ月から半年かかります

乱れたヘアサイクルを正常化するのには時間がかかります。はっきりとした効果を感じられるのは、数ヶ月から半年ほど経ってからです。

プロペシアを飲み続けることによって、新しく生えてきた髪の毛が、長い成長期に入り、ぐんぐんと育ってきます。そうするとハゲが目立たなくなってきますから、辛抱強く、継続していくことが大切です。

初期脱毛にびっくりして服用をやめてしまっては、ただ髪の毛を失って終わりということになります。それではむなしいですから、ぜひ長い期間、プロペシアを飲み続けてみてください。

プロペシアと初期脱毛まとめ

以上、プロペシアの効果や初期脱毛についてご紹介いたしました。育毛剤として紹介されることも多いプロペシアですが、実際は発毛効果の認められた「お薬」でありますから、ほとんどの方が効果を実感できるのではないかと思います。

薄毛に悩む男性の方は、ぜひ薄毛治療クリニックに行って、プロペシアを処方してもらってください。

【公式】プロペシアや育毛剤関連サイト